オリジナルTシャツを作ろう~世界に1つのオンリーワンティ~

医療機関では悩みに合わせた薬がもらえる

アピール力を高める

総決起集会でよく見る光景

原発反対やTPO反対などニュースを見ているといろいろな場所でいろいろな形の総決起集会が毎日開催されていることがわかります。決起集会の内容は全く別物ですが映像を通して毎回同じものを見つけることができます。それは参加者が必ずお揃いのTシャツを着用していることです。ワイシャツネクタイの上からTシャツを着用し鉢巻をまいた似たような格好の人が総決起集会には必ず参加しているのです。参加者が着用してるTシャツ作成は会を主宰する側が事前に作成し配っていることが考えられます。総決起集会のために個人でTシャツ作成をすることはまず考えられないことです。Tシャツ作成での着用は参加者全員の一致団結をアピールするために以前からおこなわれている手法です。

お揃いが好きな日本人

総決起集会で着用しているお揃いのTシャツは同じチームであるとアピールするためのユニフォームのような役割があります。目立つ色でTシャツ作成をすることでインパクトを与え、自分たちの思いを伝える小道具として使用しています。ワイシャツネクタイの上からTシャツを着用する姿は、その場で渡されちょっと前に着用した感がありありと出ていますが着こなすというよりも目立つことを優先にしているので不格好でも全く問題がないのです。Tシャツ作成をしている主催者側は参加者に有料で提供することもよくあるので総決起集会に参加するたびに目立つTシャツを購入している参加者もいます。つくづく日本人はお揃いが好きな民族だと感じてしまいます。